中部エリア(読谷、北谷、宜野湾、浦添、コザ、うるま)のおすすめ観光スポット!

緑と青空が美しい、世界遺産にも選ばれている中城城跡


沖縄の歴史的な観光名所としては首里城が有名ですが、沖縄中部エリアにある中城城(なかぐすくじょう)跡も一度は訪れたい観光スポットです。中城城は14世紀の終わり頃、沖縄がまだ琉球王国であった時に築かれたとされるお城で、現在は城壁などの遺構だけが残されています。そんな中城城跡ですが、世界的に見ても価値のある文化財とされており、2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。中城城跡の見所はなんと言っても壮大なロケーション。設置されている案内板を見て進んで行けば、美しい光景が広がるポイントにたどり着くことが出来ます。その中でも「二の郭」と名付けられた城壁から見える景色は非常に綺麗なことで有名です。

北谷町にあるビーチで、美しいサンセットを眺めよう!


沖縄中部にある北谷町(ちゃたんちょう)には、まるで海外のリゾート地のように優雅な光景が広がるビーチがあります。ここの魅力は非常に鮮やかな夕焼けが見られることでしょう。沖縄だけでなく、国内でも有数のサンセットスポットとして知られているこのビーチでは、昼間は海水浴やマリンスポーツを楽しみ、夕方からは美しく沈む太陽を眺めながらゆっくりと過ごすという人が多いようです。バーベキューセットのレンタルも行われているので、家族や友人たちとアウトドアパーティーを楽しむことも出来ます。また、このビーチのまわりには大型の商業施設やアミューズメントパークが多いので、美しい風景以外にも楽しめる要素があることも魅力の一つだと言えるでしょう。

「東シナ海の真珠」と謳われる世論島。鹿児島県の最南端で透明度抜群の海に囲まれ、絶景の百合が浜を持つ小さな島は「癒しの島」ともいわれます。あなたも与論島の旅行できっと心が癒されます